Home  »  生態おもしろムービー

生態おもしろムービー

‘生態おもしろムービー’ カテゴリーのアーカイブ

後進するマカロニペンギン

マカロニペンギン
コロニーの脇を後進するマカロニペンギン。インド洋の亜南極圏に浮かぶケルゲレン島にて2002年に撮影。

マカロニペンギンの夫婦

マカロニペンギン
一方が海から帰ってきて、鳴き交わした後抱雛を交代した。帰ってきた個体は雛に餌を与える。インド洋の亜南極圏に浮かぶケルゲレン島にて2002年に撮影。

大げんか

アデリーペンギン
ペンギン達の巣は、ぎりぎり嘴の届かない間隔があいています。お互い、自分の巣の周りをなわばりとして守っています。なわばり争いは、たいてい数回つつき合う程度で終わりますが、時には、このような大げんかに [...]

まって〜!

アデリーペンギン
親ペンギンが繁殖場に戻ると、腹を空かせた雛たちが待ちかまえています。あまりの勢いに圧倒されて、親ペンギンは逃げ出します。本当の子供が、最後まで熱心に付いてきて、餌をもらう事ができます。

石を盗む

アデリーペンギン
アデリーペンギンは、小石を集めて巣を作ります。留守の巣にやってきてせっせと石を盗み出す者もいます。

滑るペンギン

アデリーペンギン
アデリーペンギンは、海に近い陸上で子育てします。ところが、あまりにも腹を空かせた雛が、海の上まで親を追いかけてきてしまいました。海表面の氷は滑ります。

飛び出すペンギン2

アデリーペンギン
集団で潜水を行うアデリーペンギン成鳥達。彼らの潜水開始と終了は、何故か同調します。

飛び出すペンギン1

エンペラーペンギン
定着氷上に空けた穴から飛び出してくるエンペラーペンギンの成鳥。こういった穴から海の中に餌を採りに潜っていきます。2003年11月に、アメリカ南極基地マクマードにて撮影。

ちょこちょこと歩くこども

エンペラーペンギン
世界で2番目に大きな繁殖場ケープワシントンで、2003年11月に撮影。この時期、親たちは子供への給餌と海への餌採り旅行を繰り返しています。

1 2

ページトップへ

大学院 入学希望者へ

覚悟の瞬間 東京大学 大気海洋研究所 佐藤克文

東京大学大気海洋研究所
海洋生命科学部門
行動生態計測分野
佐藤克文研究室
〒 277-8564
柏市柏の葉5-1-5
東京大学大気海洋研究所(380c号室)
TEL:04-7136-6220